あごにできる大人ニキビ…原因と対策は?

columnあごにできる大人ニキビ…原因と対策は?

顔のなかでも、あご周りは目立つところ。そこに大人ニキビができたら、誰もがスグに対策していきたいと思うはずです。今回お届けするのはそんな、あごの大人ニキビの原因と対策方法についてお話いたします。あご周りの大人ニキビを改善したい方は、ぜひチェックしてください。

あごに大人ニキビができる原因

あごの大人ニキビは、毛穴詰まりが引き金となってあらわれます。そして、この毛穴詰まりを引き起こす主な要因が「皮脂の過剰分泌」、「ホルモンバランスの乱れ」、「間違ったスキンケア」です。どうしてこれらの要因が毛穴詰まりを引き起こし、ひいてはあごの大人ニキビにつながるのか、説明していきます。

・皮脂の過剰分泌

あご周りは汗腺が少なく、皮脂腺が多い部分。乾燥しやすいと同時に皮脂の分泌が活発で、皮脂量が多くなりやすい場所なのです。この過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせ、毛穴のなかで炎症を起こすきっかけになります。それが、大人ニキビにつながります。

あごの毛穴のなかで起こる炎症は治まりづらく、症状が悪化しやすい傾向にあります。また、再発のリスクも高いと言われています。

・ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、睡眠不足や疲労、ストレスなどによって起きます。なかでもストレスはホルモンバランスの乱れと大きく関係していると言われています。人のカラダは、ストレスを受けるとコルチゾールなどのホルモンを多く分泌するようにできています。

コルチゾールは抗ストレスホルモンなのですが、男性ホルモンを増やす働きも持ちます。この男性ホルモンが皮脂の過剰分泌を促し、角質を厚くします。その結果、毛穴が塞がり、大人ニキビを招きます。

また、生理前に分泌される黄体ホルモンも、皮脂の分泌を活発にする働きを持ちます。そのため、黄体ホルモンが分泌されやすい期間中は皮脂が過剰に分泌されやすく、大人ニキビにつながるリスクが高くなります。

・間違ったスキンケア

肌を清潔に保つうえで欠かせないスキンケアですが、「1日に何度も洗顔する」「力強く洗う」「保湿ケアをしない」といったケアをしていると大人ニキビを引き起こすリスクが高くなります。そうしたケアはバリア機能を低下させ、肌の乾燥につながるからです。

特にあごは乾燥しやすく、皮脂が多くなりやすい部分。肌が乾燥すると、皮脂が大量に分泌されるため、毛穴が詰まりやすくなり、大人ニキビにつながります。

あごの大人ニキビへの対策は…

・ホルモンバランスを整える

あごの大人ニキビを対策するなら、まずホルモンバランスが崩れない生活を送るようにしましょう。質の良い睡眠を取ったり、カラダをリフレッシュしたり、定期的にストレスケアをしたりすれば、ホルモンバランスの乱れを予防できます。

・正しい方法でスキンケアを行なう

スキンケアを正しく行なうことも、あごの大人ニキビ対策に欠かせません。スキンケアでは「落とす・補う・保護する」の流れを正しい方法で行なうことが大切です。したがって、スキンケアを行なうときは、洗顔はもちろん化粧水などでしっかりと保湿ケアに取り組むようにしましょう。なお、洗顔のときは「とにかくやさしく洗うこと」を意識してください。

関連記事:大人ニキビに効果的な洗顔方法とは?

・食生活を見直す

乱れた食生活は、肌に悪い影響を与えることがあります。特にストレスを受けたりすると食生活が乱れやすく、摂取する食べ物が偏りがちですので注意しましょう。ビタミンB2には、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるので、豊富に含まれている「レバー」や「納豆」などを積極的に摂取していくことをオススメします。

まとめ

印象にも大きな影響を与えるあごの大人ニキビ。一度できるとしつこく残り、繰り返し発生しやすい肌トラブルですが、今回ご紹介してきた対策を行なうことで改善が期待できます。あごにできた大人ニキビを何とかしたい方は、ぜひ試してみてください

 

美肌菌リンク
pagetop