どうして肌にハリがなくなる?原因と適切なケアについて

columnどうして肌にハリがなくなる?原因と適切なケアについて

年齢を重ねるごとに気になってくるのが、「肌からハリがなくなっていくこと」ではないでしょうか。毎日入念にケアをして、ハリを保とうとしている方は少なくないはずです。そこで今回は、肌からハリがなくなる原因と、ハリのある肌を保てる適切なケアをご紹介していきます。

肌からハリがなくなる原因

肌は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層構造になっています。このうち真皮は、表皮を支える役割を担っている部分で、その内部には「コラーゲン」や「エラスチン」、「ヒアルロン酸」があります。真皮は、この3つの成分があることによって表皮をうまく支えることができています。そして、これがハリや弾力のある肌をつくり出すことにつながっています。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」によって生み出されています。しかし、線維芽細胞は加齢によって働きが衰えていきます。そうすると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の働きも低くなるため、肌からハリが失われます。肌のハリが加齢によってなくなっていく理由には、こうしたことが関係しています。

・紫外線

日ごろ浴びている紫外線は、肌の奥まで浸透します。それが、コラーゲンにダメージを与えたり、エラスチンを変性させる酵素の分泌を促進したりします。

・乾燥

活性酸素は線維芽細胞を弱らせたり、コラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼす酵素の分泌を促したりします。

・活性酸素

通常であれば、普通のニキビがしこりニキビになるまでひどくなることはありません。しかし、カラダが以下のような状態になると炎症が悪化しやすくなります。

・乱れた生活習慣

偏った食生活や睡眠不足など、乱れた生活習慣を送っていると、ターンオーバーのサイクルに影響を与え、肌のハリを低下させることになります。

・女性ホルモンの減少

女性ホルモン「エストロゲン」には、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。しかし、エストロゲンは加齢とともに分泌されにくくなります。その結果、肌からハリがなくなっていきます。

肌のハリを取り戻すケア

では、なくなったハリを取り戻すためにはどうすれば良いのでしょうか。その鍵となるのが、適切なケアを行なうことです。どのようなケアをすれば良いのか、主なポイントを以下で確認していきましょう。

・紫外線の対策を行なう

さきほどもお伝えしましたが、紫外線はコラーゲンにダメージを与え、エラスチンに悪影響を及ぼす酵素の分泌を促します。まずは、日ごろから紫外線を浴び過ぎないように注意しましょう。UVカットに効果的な成分が配合された日焼け止めなどを有効活用することもオススメです。こうした対策をしっかり行なうことで、紫外線によるダメージを軽減することができます。

・しっかりと保湿を行なう

肌の乾燥は、保湿力が低下している証拠です。そのため、毎日のスキンケアでは必ず保湿を行なうようにしましょう。肌をしっかり保湿することで、肌が乾燥するリスクを抑えることができます。このとき保湿力に優れた美容品を使うと、なお良いです。

・肌のハリに良い栄養素を摂取する

ハリのある肌を取り戻すためには、内側からのケアも必要です。食事のときは「コラーゲン」や「タンパク質」、エストロゲンの分泌を促す「イソフラボン」、抗酸化作用のある「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンE」などを中心に摂取し、バランスの良い食生活を続けましょう。それが、ハリのある肌づくりをサポートできることにつながります。

まとめ

今回ご紹介してきたように、肌のハリは加齢だけでなく、さまざまな要因によって低下していきます。こうした要因を対策していくことがハリのある肌を保てることにつながります。ぜひ、この記事で説明してきたことを参考にして肌のケアに取り組んでみてください。

美肌菌リンク

pagetop