どうして鼻の下に大人ニキビが?原因と対策方法について

columnどうして鼻の下に大人ニキビが?原因と対策方法について

大人ニキビのなかでも特に厄介なのが、鼻の下にできるものです。痛みを感じたり、赤く腫れたりすることが多いため、悩んでいる方も少なくないでしょう。そこで今回は、鼻の下にできる大人ニキビの原因と対策方法についてご紹介していきます。

鼻の下に大人ニキビが…。その原因とは?

大人ニキビは、毛穴のなかで炎症が起きることであらわれます。鼻の下にできる大人ニキビの原因も、基本的にはこれと同じです。

ただ、もともと鼻周りは顔のなかでも皮脂腺の働きが活発な部分です。皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴もたくさんあるなど、大人ニキビができやすい条件が揃っています。また、これに加えて以下の要因が鼻の下に大人ニキビをより引き起こしやすくしています。

・メイクの洗い残し

鼻の下はメイクを取り除きにくい部分のため、洗顔をしてもメイク汚れが残ったままになりがちです。そのメイク汚れが皮脂と混ざり毛穴につまることで、アクネ菌の栄養源になります。その結果、アクネ菌が増殖し毛穴のなかで炎症を引き起こし、大人ニキビにつながります。

・摩擦などの刺激

鼻をかむときの紙や、肌を触ったときの手などの摩擦が刺激となって、大人ニキビができてしまうことがあります。よく鼻をかんだり、つい鼻の下を触ったりしてしまう癖がある方は多いのではないでしょうか。それが、大人ニキビを引き起こす要因となるのです。

ほかにも、偏った食生活や睡眠不足などが原因で起こる「肌細胞に栄養が届きづらい」「ホルモンバランスが乱れる」といったことが鼻の下に大人ニキビを引き起こすきっかけになります。

鼻の下の大人ニキビの対策方法

では、そんな鼻の下の大人ニキビを対策するためにはどうすればいいのか、具体的な対策方法を説明していきます。

・やさしく丁寧に洗顔を行なう

毎日の洗顔で顔を擦りながら洗ってしまう方は多いと思います。しかし、そうした洗い方は大人ニキビを刺激し、悪化させる要因になります。洗顔のときはやさしく洗うように心がけ、大人ニキビに刺激を与えないようにすることが大切です。手ではなく泡で洗うことを意識すると、大人ニキビに刺激を与えずに肌を清潔にすることができます。

・鼻の下の保湿を入念に行なう

大人ニキビの要因の1つに肌の乾燥があります。洗顔したあとは、特に肌の乾燥が起こりがちです。そのため、きちんと保湿に取り組み、乾燥から肌を守る必要があります。顔全体はもちろん、鼻の下も入念に保湿を行なうようにしましょう。

・刺激を与えないようにする

これは大人ニキビ全般に言えることですが、刺激は症状の悪化を招くリスクを高くします。違和感からつい大人ニキビを触ってしまうこともあると思います。しかし、大人ニキビを対策するためには、このような刺激を与えないようにすることが大切です。また、鼻をかむときの紙で大人ニキビに刺激を与えることもあるので、これも気をつけるようにしましょう。

また、この3つに加えて、栄養バランスの取れた食生活や規則正しい生活を送ることで、より鼻の下の大人ニキビを対策しやすくなります。

その一方で、以下のように鼻の下の大人ニキビを悪化させるNGな習慣もあります。

・常にマスクをつける
・ファンデーションをベタ塗りする

大人ニキビができたら、マスクで隠したり、ファンデーションで目立たなくしたりする方は多いですが、実はそうした習慣が逆に大人ニキビを悪化させることになります。大人ニキビの対策に取り組んでいくときは、こうした習慣に気をつけるようにしましょう。

まとめ

今回は、鼻の下の大人ニキビができる原因と対策についてご紹介しました。鼻の下の大人ニキビは一度できると厄介ですが、しっかりと対策することで改善が期待できます。ぜひ、この記事でご紹介してきたことを参考にして、悩ましい大人ニキビの対策に取り組んでみてください。

美肌菌リンク

pagetop