アトピーのトラブル肌は 美肌菌で改善できるのか?

columnアトピーのトラブル肌は 美肌菌で改善できるのか?

アトピーはかゆみなどが発生する症状で、悩んでいる方も多いでしょう。炎症による肌荒れなどで、見た目にも影響を及ぼす場合もあります。そのため美肌を目指す方にとっては、是が非でも改善したい問題ですよね。近年、研究によってアトピーの原因が肌の表面にあることが分かりました。つまり、スキンケアなどで肌を健康な状態に保つことで、アトピーも改善できる可能性があるのです。今回はアトピーに関する新事実や、改善方法などをご紹介いたします。

アトピーの一因に悪玉菌の増殖ある

アトピーは一概にアレルギーとは言えない?

これまで、アトピーはハウスダストや花粉、食べ物などのアレルギーによって引き起こされると考えられていました。しかし、近年になって慶応大学とアメリカの国立衛生研究所の研究グループが、「アトピーである皮膚の表面では黄色ブドウ球菌が異常に繁殖している」と発表しました。その研究によると、アトピーを発症したマウスに抗生物質を投与し、皮膚表面の黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖しないようにすると、アトピーの症状が緩和されたとのことでした。そして、抗生物質の投与をやめると、数週間後にアトピーが悪化したそうです。つまり、アトピーを引き起こしている黄色ブドウ球菌(悪玉菌)を減らせれば、アトピーの症状を改善できる可能性があるということです。

アトピーの一因である「黄色ブドウ球菌(悪玉菌)」

皮膚上の悪玉菌としては、代表的な物として「黄色ブドウ球菌」が挙げられます。なかでも、黄色ブドウ球菌は、誰の肌にも必ず存在する菌ですが、増えすぎると肌トラブルを引き起こす菌で、エントロキシン群や溶結素など、肌の免疫力を下げたり、炎症を悪化させたりする物質を放出します。通常の健康な肌で黄色ブドウ球菌が少ない状態では害はありません。しかし、皮脂の増加や乾燥などで肌の状態が悪化すると、黄色ブドウ球菌が急速に増殖しはじめ、害となります。

善玉菌の増殖で悪玉菌をおさえられる

悪玉菌の増殖をおさえるためには

悪玉菌である黄色ブドウ球菌は、「善玉菌」と呼ばれる菌が多い状態では増殖しにくいという特徴があります。善玉菌が優勢になっているよい肌状態に戻すことで、悪玉菌の増殖を抑制し、美肌をとりもどせます。悪玉菌が増殖しやすい状況は、腸内環境の悪化、不規則な食習慣、睡眠不足などによって引き起こされるため、アトピーで悩まれている方で、上記のような悪い生活習慣を送っているなら、早急に改善する必要があると言えるでしょう。

善玉菌を増やすためには

肌の上で善玉菌を増やすためには、肌を健康に改善していく必要があります。アトピーで悩んでいるなら、まずは生活を見直し、傷ついた肌の状態を回復させることを意識しましょう。脂質、糖分が多い食事、たとえばジャンクフード、清涼飲料水などは避け、規則的かつバランスの良い食生活を心掛けましょう。メニューも各種ビタミンや良質なタンパク質が多いものを選び、肌の修復を促進させましょう。また、肌がもっとも回復するのは睡眠中です。特に、深夜10時からの4時間は「美容のゴールデンタイム」と呼ばれることもあるほど重要な時間です。この時間にしっかりと熟睡できるよう、睡眠習慣を整えましょう。仕事で帰りが遅いなど、10時までの睡眠が難しい場合は、決まった時間に就寝する習慣を付けることも効果的です。

美肌菌を増やすバイオケア

最近になって、「美肌菌」というワードが注目を集めています。美肌菌とは、肌に良い影響を及ぼす善玉菌のこと。そして、自身の美肌菌を採取・培養して肌に戻すことで、肌の美肌菌を増やす「オーダーメイド・バイオケア」が人気を集めています。ポールマリエの「My美肌菌」もオーダーメイド・バイオケアのひとつ。My美肌菌の美容液は、自身の美肌菌を使って美容液を作るため、「肌にあわない」といったことがない点が、最大のメリットです。このMy美肌菌で日常的にスキンケアすることで、肌の美肌菌を効果的に増やせます。

まとめ

アトピーは遺伝やアレルギーだからと今まであきらめていた方も、悪玉菌の増殖をおさえることで症状を緩和できる可能性があります。これから研究が進めば、さらにアトピーを効率的に改善できる方法も発見されるはず。アトピーによる肌トラブルに悩む方も、そうでない方も、美肌菌を増殖させることで、肌を理想的な環境に近づけられます。ポールマリエのバイオスキンケアなら、自身の美肌菌を培養した、オーダーメイドの美容液を作れます。美肌菌はもとよりデリケートな菌です。ポールマリエは専門の研究機関と提携することで、美肌菌の培養を活用したサービスの提供を行なっています。ぜひ次世代のバイオスキンケアで、自身の美肌菌を増やしてみませんか?

美肌菌リンク

pagetop