メラニンを抑える方法とは?シミやくすみがない素肌へ

columnメラニンを抑える方法とは?シミやくすみがない素肌へ

悩ましいシミやくすみは、表皮に過剰なメラニンが沈着することで起こります。つまり、余計なメラニンができてしまうこと、そしてそれが肌に沈着してしまうことを抑えられれば、素肌美人になることも夢ではありません。では、どのような対策を行なえばメラニンを抑えられるのでしょうか。今回の記事でご紹介していきます。

メラニンを抑える方法

1.紫外線を浴び過ぎないようにする

メラニンは、紫外線を浴びることで表皮内につくられます。本来メラニンには、肌の奥まで紫外線が浸透するのを防ぐ役割があります。しかし、紫外線を浴び続けるとメラニンのずっと産生されてしまうのです。過剰につくられたメラニンは排出しきれずに、肌へ沈着してしまいシミやくすみの原因となります。

本来なら、ターンオーバーのサイクルで内部のメラニン量はうまく調整されますが、その量が多くなりすぎると、ターンオーバーでの排出が間に合わず、肌の内部に残ってしまうのです。

そのため、紫外線を浴び過ぎないようにし、メラニンが過剰につくられないように対策を行なう必要があります。UVケアアイテムを使用したり、サングラスをうまく活用したりして、紫外線対策に取り組みましょう。

2.日ごろから肌に刺激を与えないようにする

紫外線のほかにもメラニンの増殖を促してしまう原因があります。それは、肌に刺激を与えることです。

肌を刺激すると、メラニンを産生するメラノサイトが活性化します。このメラノサイトがメラニンをつくり出すので、その働きを活発にさせてしまうと、当然メラニンが増えることになります。

よく洗顔のときに手で力強く顔を洗ってしまったり、お風呂上がりに硬いタオルで顔についた水分をゴシゴシ拭き取ったりする方がいます。しかし、そのやり方を続けているとメラノサイトが余計に刺激され、メラニンが過剰につくられてしまいます。
こういったことを防ぐためにも、洗顔やお風呂上がりのときは、肌に余計な刺激を与えないように注意しましょう。

3.活性酸素が増えすぎないようにする

人体や肌にとって良い面もある活性酸素ですが、実はメラノサイトを刺激する物質として知られています。よって、活性酸素が増えれば増えるほど、メラノサイトへ刺激を与えてしまう可能性を高めてしまいます。

活性酸素はストレスや睡眠不足、疲労などによって発生します。日常的に不摂生な生活を送っている方は、まず生活スタイルを見直すようにしましょう。そうすれば、活性酸素が過剰に発生するリスクを抑えられます。

また美肌菌は抗酸化作用もあります。美肌菌のバランスを整え、活性酸素に負けない強い肌を作り出すことも重要といえるでしょう。

この3つの方法はすべて大変そうに感じるかもしれません。しかし、シミやくすみができてから対策するより、できる前に対策するほうが望ましいです。シミやくすみに悩まされない素肌を手に入れたい方はメラニンの過剰な発生を事前に抑えていくことをオススメします。

まとめ

今回はメラニンの発生を抑えられる方法についてご紹介してきました。シミやくすみのない肌を実現するためには、その原因であるメラニンの過剰な産生を抑える必要があります。特に年齢を重ねていくと、肌は不安定な状態になりやすく、シミやくすみも起こりがちです。今からしっかりとした肌ケアを行ない、素肌美人と言われる肌を目指していきましょう。

美肌菌リンク

pagetop