大人ニキビに効果的な洗顔方法とは?

column大人ニキビに効果的な洗顔方法とは?

大人ニキビにはさまざまな改善方法があります。しかし、その基本と言えるのは、やはり洗顔です。美肌を保ちたい方にとって、大人ニキビの改善・予防が期待できる洗顔方法は、ぜひ知っておきたいはず。そこで今回は、大人ニキビに効果的な洗顔方法についてご紹介していきます。

大人ニキビに効果的な洗顔方法

1.洗顔は適度に行なう

1日に何度も洗顔を行なうと、皮脂が過剰に取り除かれ、肌のバリア機能を低下させます。そうすると、肌の水分が減り、皮脂が過剰に分泌され、大人ニキビがあらわれやすくなります。洗顔は多くても1日に2回までにし、過剰に行なわないようにしましょう。また、洗顔料の使用は夜がオススメ。朝は水で顔を洗う程度にしておくと良いでしょう。

2.泡を使ってやさしく洗う

洗顔を行なうときは、とにかくやさしく洗うことが大切です。ニキビは毛穴のなかで炎症が起きている状態。もし、力強く洗ってしまうと刺激を与え、この炎症がますますひどくなる可能性があります。顔を洗うときはしっかりと洗顔料を泡立て、その泡で顔についた余分な皮脂や汚れなどを落としていくようにしましょう。

3.洗顔料を落とすときはぬるま湯で行なう

顔をゆすぐ温度に気をつけることも、覚えておきたい洗顔方法の1つです。顔についている洗顔料を水やお湯で洗い流している方は多いと思います。しかし、冷たい水だと毛穴が閉じやすくなるため、汚れを落としきれないことがあります。

一方、お湯だと洗顔料と一緒に肌に必要な皮脂まで流してしまうかもしれません。どちらの状態も肌にとって良いものとは言えません。顔を洗うときは、32℃~36℃のぬるま湯で行なうようにしましょう。

大人ニキビに悩んでいる方は、上記3つのことに気をつけて洗顔に取り組んでみてください。

大人ニキビができたときにオススメの洗顔料

思春期の頃にあらわれるニキビとは違い、大人ニキビの要因はいくつかあります。そのなかでも大人ニキビの発生と大きく関係しているのは、皮脂の過剰分泌でしょう。そのため、洗顔料を選ぶときは、洗浄力が強い合成界面活性剤が含まれた洗顔料を選びがちです。

しかし、合成界面活性剤が含まれた洗顔料は、皮脂を過剰に落としてしまうリスクがあります。もし、皮脂を過剰に除去すると肌の乾燥が進行し、結果的に皮脂の過剰分泌を繰り返すことになります。

では、大人ニキビがあらわれたら、どのような洗顔料を使えば良いのでしょうか。以下で、オススメの洗顔料をご紹介します。

1.クレイ系の洗顔料

大人のニキビ肌では、皮脂を取り過ぎてはいけません。余分な皮脂を残したままでもNGです。皮脂は、余分なぶんだけ取り除き、あとは程よく顔に残しておく必要があります。

そこでオススメなのがクレイ系の洗顔料です。泥は吸着力に優れ、毛穴の奥に入り込んだ汚れや余分な皮脂を取り除いてくれます。

大人ニキビに刺激を与えず、かつ余分な皮脂だけをうまく除去してくれるため、大人のニキビ肌に最適な洗顔料と言えます。

2.保湿成分が配合された洗顔料

大人ニキビを引き起こす要因の1つが肌の乾燥です。特に洗顔は「落とすケア」なので、顔を洗ったあとに肌がつっぱる方も多いでしょう。

これを防ぐために、洗顔をしたあとは保湿を行なうわけですが、洗顔の段階で保湿成分が含まれていれば、肌の乾燥が起きるリスクをより小さくすることができます。

これは、大人ニキビの悪化や発生を防ぐことにもつながります。

大人ニキビがあらわれたら、これらの洗顔料で顔を洗うことがオススメです。合成界面活性剤などの洗浄力が強い成分が配合された洗顔料はなるべく控えるようにしましょう。

まとめ

今回は、大人ニキビに効果的な洗顔方法についてご紹介してきました。洗顔は、大人ニキビの悪化や発生を抑えるうえで有効となる方法の1つです。大人ニキビに悩んでいる方は、まず洗顔方法の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

関連商品▼
ミネラルマッドマスク
ウォッシング

 

美肌菌リンク
pagetop