嫌でも目立つ口周りの大人ニキビ…できる原因と対策方法をご紹介!

column嫌でも目立つ口周りの大人ニキビ…できる原因と対策方法をご紹介!

口周りの大人ニキビに悩まされている方は多いのではありませんか?口周りは嫌でも目立つところなので、ニキビができたらスグにでも改善していきたい肌トラブルと言えます。この記事では、そんな口周りの大人ニキビの原因と、対策方法についてご紹介していきます。

口の周りに大人ニキビができる原因

もともと口の周りは肌が薄く、乾燥しやすい場所です。その乾燥のせいで、ほかの部位のなかでも口の周りは大人ニキビができやすい傾向にあります。

どうして肌が乾燥すると大人ニキビがあらわれやすくなるのか。簡単に説明すると「皮脂の分泌が過剰になり、その皮脂が毛穴に詰まるから」です。

一般的に肌の乾燥が進行すると、肌は自分を守ろうと皮脂の分泌を活発にします。そうすると、肌表面の皮脂量が増え、毛穴に詰まりやすくなります。その詰まった皮脂が、毛穴のなかにいるアクネ菌の栄養源になり、アクネ菌の増殖を引き起こします。

そして増殖したアクネ菌が毛穴のなかで炎症を引き起こし、大人ニキビができます。これが乾燥によって大人ニキビができるメカニズムです。

また、肌の乾燥はターンオーバーを乱してしまうことがあります。ターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなり、古い角質が蓄積していきます。その状態が続くと肌は「角質肥厚」になり、さらに毛穴を詰まりやすくし、大人ニキビの引き金となります。

このほか、乱れた生活習慣やストレスなどによるホルモンバランスの乱れ、取り除き切れなかったメイク汚れなども、口周りの大人ニキビの要因と考えられています。

口の周りにできた大人ニキビの対策方法

口周りの大人ニキビを対策するためには、まず肌の乾燥を防がなければなりません。そのため、洗顔後など肌が乾燥しやすい状態のときは、化粧水や美容液、乳液、クリームを使ってきちんと肌のうるおいを保つようにしましょう。

このとき、保湿力の高い成分が配合された美容品で集中ケアすると、より肌のうるおいを保つことができます。

●ポールマリエの保湿力に優れた美容品を見てみる

そのうえで、以下のポイントを日ごろの生活に取り入れてみてください。

・ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスは、ストレスや疲れ、睡眠不足などによって乱れてしまいます。大人ニキビを対策するためには、これを改善し、ホルモンバランスを整える必要があります。具体的には、定期的に運動を行なったり、お風呂に浸かってリラックスしたり、十分に睡眠を取ったりすることが効果的です。なかなか睡眠時間を取れないという場合は、睡眠の質にこだわると良いでしょう。

・食生活を見直す

たとえば、脂質ばかりを摂取する食生活だと、皮脂腺への刺激が強くなり、皮脂の分泌を促してしまいます。その結果、大人ニキビを引き起こすリスクが高くなります。このようなことにならないためにも、日ごろから栄養バランスの取れた食生活を送るように心がけましょう。

・睡眠をしっかり取る

普段から脂質が多い食べ物ばかりを摂取しているなど、偏った食生活を送っている場合は、これを見直すようにしましょう。良い食生活の基本は、栄養バランスが取れていることです。特にビタミンB2は、大人ニキビに効果的と言われています。ビタミンB2は、「レバー」や「納豆」などに豊富に含まれているので、積極的に摂取していくと良いでしょう。

・メイクをしたらクレンジングを行なう

肌にメイク汚れが残っているとアクネ菌の栄養源になり、大人ニキビにつながります。そのうえ、このメイク汚れはしつこく、洗顔だけでは落ち切らないことが多いです。メイクをした日は洗顔前にクレンジングを使い、しっかりと汚れを落としていくようにしましょう。

まとめ

今回は、口周りにできる大人ニキビの原因と対策方法についてご紹介してきました。口周りにできる大人ニキビは保湿を行なうことに加えて、ホルモンバランスを整える、食生活を見直す、メイク汚れをしっかり取り除くことが対策に有効です。口周りを何の肌トラブルもないキレイな状態にしたい方は、ぜひこの記事で取り上げてきたことを参考にして、対策に取り組んでみてください。

 

美肌菌リンク
pagetop