皮脂だけじゃない!大人ニキビの原因は「悪玉菌」?

column皮脂だけじゃない!大人ニキビの原因は「悪玉菌」?

あなたの肌にも、私の肌にも、数多くの菌が存在しています。その種類は大きく分けて3つです。1つは肌に取っていい働きをしてくれる善玉菌です。美肌菌はこの善玉菌の一種ですね。次に日和見菌。この菌たちは、肌に存在はしていますが、普段は特にいいこともしなければ、悪さもしません。 しかし日和見菌は、善玉菌の活動が鈍くなってきたり、肌の環境が悪くなってきたりすると、悪玉菌と一緒に悪さをするようになってしまいます。 最後に悪玉菌ですね。悪玉菌はその名前の通り、肌にとって悪いことをする存在です。できればそんな菌は肌にいないでほしいと思ってしまいがちですが、実はこの菌、元々は肌にとって必要な菌なのです。
例えばアクネ菌ですが、この菌がなくなってしまうと、皮脂の膜ができなくなってしまい、水分の蒸発が進み、肌の保湿力が弱まります。重要なのは善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌のバランスを整えるとことです。

こんな悪玉菌に要注意

悪玉菌にもたくさんの種類がありますが、ここでは有名な菌を紹介します。

【アクネ菌】

1つめの菌はアクネ菌です。この菌はふだんは悪さをしない日和見菌ですが、肌のバランスが悪くなってきたり他の悪玉菌が活発になると、悪玉菌にとりこまれ、顔ニキビの原因になったりしてしまいます。このアクネ菌は酸素が少なくて皮脂が多いところに好んで生息します。
アクネ菌は皮脂を食べて増えます。そして皮脂を食べたときに皮膚にダメージを及ぼす毒素である過酸化脂質というものをだします。これが実質のニキビの原因となるものなのです。アクネ菌自体が悪いということではなく、この過酸化脂質が悪いということなのですね。
ですが、さきほども述べたようにアクネ菌は肌にとって必要な機能も持っています。なので、このアクネ菌を全てなくしてしまうことは肌にとっていいことではないですし、そもそもアクネ菌をすべてなくすというのは不可能です。アクネ菌とも上手に付き合っていくことを考えましょう。

【マセラチア菌】

次に紹介するのは、マセラチア菌です。あなたのニキビが顔だけなら、それはアクネ菌が原因である可能性が高いですが、体にたくさんできるというのなら、もしかしたらこのマセラチア菌が原因かもしれません。
この菌は普通の人の肌には常に存在しており、害はありません。しかし、何か理由があって、皮脂が大量に分泌されると、このマセラチア菌が大量の皮脂=エサを食べて異常に繁殖してしまいます。
そうなるとマセラチア菌が作るタンパク質を原因としてニキビができやすくなってしまいます。なので、マセラチア菌が好む皮脂や湿気の多い背中周り、デコルテの周辺あたりにニキビができやすくなってしまうというわけですね。
このマセラチア菌もアクネ菌と同じように全てを取り除くというのは現実的ではありません。なので、体のニキビが気になるという人はしっかり皮脂をコントロールしてマセラチア菌自体を異常に増殖させることのないように気をつけましょう。

悪玉菌のエサが皮脂ならそれを無くせば……?

今回紹介したアクネ菌とマセラチア菌、はどちらも皮脂をエサとしていました。そこで、もしかしたら「皮脂を全て無くしてしまえば悪玉菌の繁殖は抑えられるのでは?」ということを考える人もいるかもしれません。
しかし、これは絶対にやってはいけないことです。皮脂を落とすために顔をゴシゴシ洗ったり、強い洗浄力をもつ洗顔料、クレンジングを使ったりしてしまうかもしれませんが、これをしてしまうと、皮脂と悪玉菌と一緒に善玉菌も肌からいなくなってしまいます。
悪玉菌の活動を抑えようとして、皮脂と悪玉菌を全滅させようとした結果、善玉菌までいなくなってしまい、かえって肌が荒れてしまった…というのでは何の意味もありません。前述したように、肌の調子を良くするためには善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整えることが重要なのです。

今日からできる、肌環境の改善

肌の菌のバランスを整えるとは言いましたが、いきなり実践するのもなかなか難しいですよね。今日から、誰にでもできる肌環境の改善には何があるのか見ていきましょう。
まず、1つめはスキンケアの方法を見直すということです。肌のことなので、スキンケアから見直すのは当然というわけですが、みなさんはきちんと肌のためになるスキンケアができているでしょうか。
まず、基本的なこととして洗顔を見直しましょう。汚れを洗い落とす力が強すぎるものを使っていませんか?そういうものを使うと悪玉菌とともに善玉菌もいなくなってしまうので要注意です。また、肌の角質層が傷つくのでゴシゴシ洗いも厳禁です。丁寧に、優しく洗顔することを心がけてください。
次に、生活習慣を見直しましょう。睡眠はしっかりととれていいますか?肌はあなたが寝ている間に回復していきます。しっかりとした睡眠が取れないと肌の回復もできないので、質の高い睡眠を取るようにしましょう。
また食事はどんなものを食べているでしょうか?あなたが甘いもの、脂っこいものが好きというのなら、肌は少し荒れやすい状態になっているかもしれません。甘いもの、脂っこいものはインスリンの分泌を促進します。これは男性ホルモンが増えることにつながり、ニキビが悪化する原因と言われます。なので、甘いもの、脂っこいものを食べるのは控えて、野菜、魚、海藻、大豆食品などを積極的に摂取するようにしましょう。
最後に、ホルモンもバランスについても気をつけてあげてください。ホルモンのバランスが乱れると、交感神経が副交感神経よりも活発になってしまうことが有ります。この状態になると、体が常に興奮状態となってしまい、皮脂の分泌が増えて、ニキビ肌の悪化につながります。
副交感神経をしっかりと働かせるために、家ではリラックスできる習慣をつけることがニキビ肌の改善の第一歩です。

まとめ

肌には多くの菌がいます。善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。これらの菌は基本的には肌に悪さをしないのですが、肌の環境が良くない場合に、肌が荒れる原因となるのが悪玉菌でした。
有名な悪玉菌でアクネ菌、マセラチア菌がいましたね。どちらも肌に必要な菌なのですが、肌の環境が乱れると、肌にとってよくないことをし始めます。それが代表的な症状として現れているのがニキビですね。
そしてこのアクネ菌もマセラチア菌も皮脂をエサにしていました。しかし、皮脂をすべて落としてしまうのは善玉菌への影響も考えてNGなスキンケア方法でした。皮脂と悪玉菌をすべて落とすほど強力な洗顔料は、善玉菌へも悪影響をおよぼすからです。
では、ニキビはどう予防するのかというと、今までのスキンケア方法、生活習慣、そしてホルモンバランスを改善するのが効果的です。
「悪」と名前がついている菌だからと言って、徹底的になくしてしまうということを考えるのではなく、善玉菌、悪玉菌、常在菌のバランスを整えて、健康な肌を手に入れられるよう頑張りましょう。

美肌菌リンク

pagetop