美白に導く栄養素とは?オススメの食べ物までご紹介

column美白に導く栄養素とは?オススメの食べ物までご紹介

肌のトーンを上げるために、毎日スキンケアを入念に行なっている方は多いでしょう。しかし、シミやくすみに悩まされない肌を育むためには、日ごろの食生活を見直すことも大切です。今回は、カラダの中から美白を目指せる栄養素と食べ物についてご紹介していきます。ぜひ美白ケアの参考にしてください。

美白に導く栄養素と食べ物

シミやくすみのない明るい肌をつくるうえで欠かせないのが食事で摂取する栄養素です。具体的にどのような栄養素と食べ物が美白ケアでオススメなのかチェックしましょう。

・ビタミンC

ビタミンCには、シミやくすみのもととなるメラニンの産生を抑制してくれる効果を期待できます。ほかにも、美容面においてさまざまな好影響をカラダにもたらしてくれます。

【ビタミンCが含まれている食べ物】
レモン、トマト、アセロラ、パプリカ、ブロッコリー、ほうれん草など

・ビタミンE

ビタミンEには、高い抗酸化力で活性酸素の増加を抑えてくれる働きがあります。活性酸素によって肌が酸化すると、シミなどの老化現象を引き起こします。ビタミンEを摂取することは、そうした肌トラブルの予防につながります。

【ビタミンEが含まれている食べ物】
カボチャ、アボカド、キウイ、アーモンド、ごま、たらこ、アジなど

・ビタミンA

ビタミンAには、肌や粘膜、免疫機能を正常に保ってくれる働きがあります。

【ビタミンAが含まれている食べ物】
うなぎ、レバー、チーズ、鶏卵、バター、牛乳など

・β-カロテン

β-カロテンにはビタミンEと同様、高い抗酸化力があります。

【β-カロテンが含まれている食べ物】
かぼちゃ、トマト、ブロッコリー、ニンジン、モロヘイヤ、ニラ、高菜など

以上の栄養素と食べ物を摂取することで、明るい肌を育むことが期待できます。ただし、これらの栄養素は過剰に摂取するのではなく、適量摂取することが大事です。美白に近づくからといって大量に摂取しないように気をつけましょう。

美白に悪い影響を与える栄養素や食べ物

栄養素や食べ物のなかには美白へ導いてくれるものがある一方で、肌に悪影響を与えるものもあります。

・ソラレン

ソラレンは光毒性物質で、紫外線に反応しやすいという特徴があります。紫外線を吸収しやすく、シミやくすみを引き起こす要因となるのです。ソラレンは食べてから約2時間後に作用がピークになると言われています。そのため、外出前や1日中外にいる日は、なるべく摂取を控えるようにしましょう。ソラレンは柑橘類、特に皮の部分に多く含まれています。

【ソラレンが含まれている食べ物】
レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ライム、キュウリ、セロリ、パセリなど

・アルコール

アルコールを過剰に摂取することも肌に悪影響となります。アルコールを大量に摂取すると、分解するときにカラダのなかの水分が多く失われたり、肌に大事なビタミンなどが減少したりするからです。アルコールを摂取するときは適度な量を意識しましょう。

まとめ

今回の記事では、美白へ導く栄養素と食べ物についてご紹介してきました。肌のトーンを明るくするうえで摂取する栄養素や食べ物は大事な要素です。シミやくすみのないキレイな肌になりたい方は、ここで見てきたことを参考にして食生活を見直してみましょう。

ただ、食事で摂取する栄養素や食べ物が直接的に美白効果をもたらすわけではありません。この方法は、あくまでも美白ケアの1つです。美白になるためにはスキンケアなど、外からのケアにも力を入れる必要があります。この外からのケアに加えて、体内からのケアに取り組んでみてください。それが美白を近づけることになります。

▼関連商品
ダブルホワイトマスク

 

美肌菌リンク
pagetop