美肌菌は化粧品にも影響を受ける? 美肌菌と化粧品の深い関係

column美肌菌は化粧品にも影響を受ける? 美肌菌と化粧品の深い関係

人間の皮膚には、いくつかの細菌「常在菌」が棲みついていて、その中の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」を「美肌菌」と呼んでいます。美肌菌こそ、肌をきれいに保つのに欠かせない存在です。 美肌菌と、私たちが日常的に接している化粧品には、実は密接に影響しあっており、化粧品によっては相性が良い・悪いがあることも分かっています。肌をきれいに保つために、一緒に学んでいきましょう。

美肌菌に影響を与える化粧品とは?

肌を守り、美しく保つ美肌菌。しかし、その存在を脅かすものが身近に、しかも毎日触れているものにあります。それが、化粧品です。女性を美しくみせる化粧品ですが、同時に肌にダメージを与えることもあります。特に、化粧品のトラブルとして代表的なものに、毒物性のものによって生じる刺激性接触、アレルギー性のものが挙げられます。
また、防腐剤などの化学物質が含まれている化粧品を使用した場合などには、皮膚が炎症を起こしてしまうと、美肌菌が死滅してしまうことがあります。後述しますが、特に角質層にダメージを与えるものは美肌菌に悪影響を与えます。
実は、これらは化粧品や化粧水といったメイク用品に限らず、シャンプーやリンスなどの洗髪料、ワックスやヘアムースなどの整髪料、カラーリングやパーマに用いられる薬剤・スタイリング剤も同様の問題をはらんでいます。
肌を守り、美しく保つ美肌菌をトラブルから守り育成するために、今一度使用している化粧品やスタイリング剤・洗髪料などを見直してみてください。

どうして美肌菌に化粧品が影響を与えるの?

化粧品が美肌菌に与える主な影響として、角質層にダメージを与えるということは先程述べました。特に、アルコール含まれる化粧品を使用すると、角質層へのダメージが深刻になります。肌の角質層は、善玉菌 ・美肌菌の住処であり、ここを傷つけることで住処を奪われた美肌菌が行き場を失ってしまうという訳です。
また、アルコールが使用されていなくても、化粧品によって肌は皮膚呼吸をしにくくなります。すると、汗や皮脂が分泌されず、それらをエサにして増殖する美肌菌の活動が止まってしまいます。
その他にも、朝と晩にしっかりと洗顔する方は要注意です。特に、洗顔フォームなどで 洗顔している方は注意が必要です。洗浄力の強い洗顔フォームで洗浄しすぎると、どんどん肌は乾燥していきます。もちろん、美肌菌もどんどん洗い流されてしまうのです。
それに伴って、肌に潤いを与えようと余分な皮脂が分泌され、脂性肌となってしまいます。清潔に保ちたいのは分かりますが、やりすぎて善玉菌を全て洗い落とさないよう、熱いお湯で洗わない、洗顔フォームなどで洗うのは1日1回、夜にする…などにしましょう。

じゃあどんなものを使ったらいい?

最も良いのは、美肌菌を育てる化粧品を使用すること。人気があるものは、美肌菌のエサとなる「α-グルカンオリゴサッカリド」を配合している製品です。エイジングケア成分が同時に配合されている製品もおすすめです。
また、整菌スキンケアをうたった化粧品もおすすめです。皮膚の常在菌を活性化させる成分が配合されており、菌のバランスを整える、引いては肌のバランスや調子を整える働きがあります。アトピー性皮膚炎や肌荒れの方のお肌のトラブルを軽減できる製品もあるため、深刻な肌トラブルでお悩みの方でも安心して使うことができます。

化粧品以外の美肌菌ケア方法

化粧品以外でケアをする場合、健康で規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。まず、適度に運動をして汗をかく、ということ。美肌菌は汗や皮脂を食べて増殖します。代謝も良くなり、美肌菌の育菌にも効果的!まさに運動は一石二鳥ですね。
次に、十分な睡眠をとるということ。ゴールデンタイムと言われる時間にきちんと肌や細胞が回復・増殖できるように、22時頃には就寝しましょう。
消毒や抗菌をしすぎたり、洗顔をしすぎたりするのも禁物です。女性たるもの、清潔に保ちたいという気持ちは分かりますが、洗浄しすぎると必要な皮脂が洗い流されてしまい、余計に乾燥するはめになってしまいます。
肌が乾燥すると、角質層にダメージが起こってしまい、美肌菌の生存の危機を招いてしまいます。先述の通り、熱いお湯での洗顔も禁物です。こちらも、必要な皮脂を洗い流し、さらに脂性肌となる原因を作り出してしまいます。
そして、外出する際にも気をつけたいのが紫外線です。紫外線を浴びてアルカリ性に偏った肌は、美肌菌が棲みにくくなってしまいます。日傘や帽子などできちんとガードしましょう。
洗い過ぎはもちろん、頻繁に触れただけでも皮膚の組織が荒れてしまうのが、繊細な顔の皮膚です。同じく、常在菌の美肌菌も非常に繊細で、化粧品による角質層のダメージですぐに死んでしまいます。
普段のケアはもちろん、美肌菌を育成できる化粧品や生活習慣を心がけることが大切です。規則正しい生活・バランスがとれた食事など、身体のケアと平行して、肌の健康も大事にしていきましょう。

美肌菌リンク

pagetop