肌にたるみができる原因とは?改善方法もあわせてご紹介

column肌にたるみができる原因とは?改善方法もあわせてご紹介

年齢を重ねると気になる肌のたるみは、シワやシミと同じで年齢肌の特徴の1つです。そんな肌のたるみは、どうして起こるのでしょうか。今回の記事では、肌のたるみを引き起こす原因と、その改善方法についてご紹介していきます。

肌のたるみを引き起こす原因

健康的な肌には、水分がたっぷりと含まれていてハリや弾力があります。しかし、年齢を重ね、肌のバリアが弱まることによって、この水分はどんどん減少してしまいます。そうすると肌は、ハリや弾力のない状態になります。これが肌にたるみができる原因の1つです。

では、どうして年齢を重ねたり、肌のバリアが弱まったりすると、肌の水分は減っていくのでしょうか。その理由を簡単に説明します。

・加齢によって肌の水分が減っていく理由

肌には、ハリを与えてくれるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といったうるおい成分があります。私たちの肌は、これらの成分によってうまく水分を蓄えることができています。しかし、年齢を重ねるごとに、うるおい成分の数は減少していきます。それによって、肌の水分は徐々に減っていきます。

・肌のバリアが弱まることで肌の水分が減っていく理由

肌のバリアには、肌の水分が蒸発するのを防いでくれる働きがあります。この働きによって、私たちはトラブルのない安定した肌を維持できています。しかし、肌のバリアが弱まると、水分の蒸発を防ぐ壁が薄くなっていきます。そうすると、肌は乾燥し蓄えられていた水分も減少していきます。
美肌菌にはこの肌のバリアを常に高い状態で保つことができる成分、グリセリンを作り出す働きがあります。

肌にたるみができる原因には、ほかにも「顔の筋肉の衰え」、「増えすぎた活性酸素の影響」などがあります。こうした原因があることを知っておくと、たるみを改善するときに役立ちますので、しっかり頭のなかに入れておきましょう。

肌のたるみを改善する方法

たるみができるのは主に、肌に水分がなくなること、顔の筋肉が衰えること、増えすぎた活性酸素の影響を受けることによるものです。よって、これらの対策を進めることが、たるみの改善に近づきます

1.肌に含まれている水分の減少を対策する方法

肌のバリアは、ターンオーバーによって正常な状態を保てています。逆にターンオーバーが乱れるとバリアは弱まり、肌の水分は減っていきます。そのため、ターンオーバーがうまく働くようにすれば、肌に蓄えられている水分の減少を防ぐことができます。

関連記事:肌トラブル対策の鍵!肌のターンオーバーの働きと正常にするための方法

また、スキンケアのときにうるおい成分が配合された美容液などを使用すると、加齢によって起こるハリや弾力の低下を抑える効果を期待できます。スキンケアを行なうときは、うるおい成分が多く含まれているアイテムを取り入れていくことをオススメします。
ポールマリエシリーズにもヒアルロン酸や、コメヌカフィンゴ糖脂質などのうるおい成分が配合されています。

2.顔の筋肉の衰えを対策する方法

顔の筋肉のなかで、特にたるみと関係しているのが表情筋です。表情筋をあまり動かさないことが肌のたるみにつながると言っても過言ではありません。よって、表情筋を刺激するようにすると、たるみの改善につながります。

表情筋を刺激するときは、マッサージを行なうと良いでしょう。また、日ごろから口を動かして話すようにすることも有効です。フェイシャルエステでプロにマッサージしてもらうと、より効果を感じやすくなります。

3.増えすぎた活性酸素を対策する方法

活性酸素は、ストレスや乱れた生活習慣などによって増えていきます。そのため、日ごろからストレスケアに取り組んだり、正しい生活習慣を送ったりすることで、過剰な増殖を抑え、徐々にその数を減らすことができます。
肌のたるみを改善したい方は、ぜひこの3つの方法に取り組んでみてください。

まとめ

今回は肌のたるみができる原因と、その改善方法についてご紹介してきました。たるみは、一度できるとなかなか改善が難しいものです。しかし、たるみを引き起こす原因を対策することで、改善に近づくことができます。少しでも肌にたるみがあらわれたら、ぜひこの記事でご紹介した対策を行なってみてください。

 

美肌菌リンク
pagetop