肌に大事な美肌菌、どうやったら増やせるの?

column肌に大事な美肌菌、どうやったら増やせるの?

肌を根本から綺麗にしてくれると最近SNSでも話題になっている美肌菌化粧品ですが、そもそもどんな性質があるから肌にいいのか、どういうふうに美肌菌を増やすのか、どうすれば肌にいい効果を発揮してもらえるのかまではわかっていないという方も多いのではないでしょうか?今回の記事ではそんな「そもそも美肌菌ってどんな効果があるの?」という部分に注目しながら、美肌菌を増やして活発にするためにはどのようにするのかということを説明していきます。

そもそも美肌菌って何をしてくれるの?

美肌菌と呼ばれているものの本当の名前を知っていますか?美肌菌の本当の名前は「表皮ブドウ球菌」といいます。この表皮ブドウ球菌は肌にとってすごく良い活躍をしてくれるのです。
まず、この表皮ブドウ球菌は肌の汚れの元となる余分な皮脂や汗を食べて、グリセリンという物質を肌に生み出します。このグリセリンというものは肌にもとから存在する天然の保湿成分。非常に保水性に優れており、肌に水分を保っておくのに非常に力強い効果を発揮します。
さらに、このグリセリンがセラミドという成分を生み出してくれます。セラミドは肌の内部で保湿効果を発揮する成分です。グリセリンとセラミドで肌の内側と外側、どちらからも保湿されることで、肌の保湿により効果的なのです。

じゃあ美肌菌はどうやって増やせるの?

美肌菌を増やすことを考えるよりも、最初は美肌菌を減らさないということを意識するほうが簡単です。まず、理解しなければならないのは、美肌菌は他の菌と同じように生きているもののため、死んでしまうこともあるということです。
では、なにをすれば美肌菌は死んでしまうのでしょうか。ひとつは顔を過度に洗うことが原因となり得ます。洗顔はもちろん必要です。肌には余計な汚れや、美肌菌以外の悪玉菌とよばれる菌も住んでいます。悪玉菌が増えると肌荒れの原因になるので、肌を清潔に保つために、洗顔してきれいにしてあげることが必要ですし、メイクや紫外線、外気やほこりなどの刺激を受けて汚れがたまった肌は洗って清潔にする必要があります。
しかし、このときに強すぎる洗顔料を使うのは禁物です。顔料の効果が強ければ強いほど、綺麗な肌にとって重要な存在である美肌菌にも強い効果を発揮してしまいます。つまり、美肌菌も悪い菌と同じように落とされてしまうということですね。なので、肌にとっていいものは守る、洗いすぎない、という意味で、強すぎる洗顔料を使用することは控え、弱酸性などの優しい洗顔料を選ぶようにしましょう。
また、これは想像に難くないと思いますが、ゴシゴシとこする洗い方が肌にとってよくないように、美肌菌にとってもNGです。ゴシゴシとこすることによって肌の一番表面の部分、角質層が必要以上にはがれ傷ついてしまい、その角質層に住む美肌菌が行き場を失うため、美肌菌の数が少なくなってしまうのです。
こういったことを避けるためにも、肌をゴシゴシとこすることはやめて、優しく、丁寧に洗顔をすることを心がけましょう。もちろんピーリングのやり過ぎも厳禁です。
ピーリングは肌の角質層の古いものを落として、新しい角質層に生まれ変わるのを助けるというものなのはみなさんご存じかと思います。しかし、このピーリングをやりすぎてしまうと、当然ですが、角質層が必要以上にはがれダメージを受けてしまいます。
角質層がダメージを受けるということは、先ほどと同じく美肌菌の生きる環境が悪くなるため、数の減少につながります。こういったことにならないよう、肌は丁寧に扱いましょう。

じゃあ美肌菌を減らさずに、増やす習慣は?

美肌菌を増やす習慣で大事にしたいのは肌を丁寧に扱うことと、睡眠、運動です。
顔を洗うときに強すぎる洗顔料を使わない、ゴシゴシ洗いをしない、ピーリングをやりすぎない等の、やりすぎてしまうと肌によくないだろうとわかるものを、やめるということです。今日から心がけましょう。
次に、睡眠の習慣です。肌はあなたが眠っている間にターンオーバーし回復します。古い肌からどんどん新しい肌に生まれ変わる…というイメージですね。このターンオーバーが促進されるのが睡眠時間中です。なので、この睡眠時間を質の高いものにすることで、肌の生まれ変わりを早くして、美肌菌の住みやすい環境を整えてあげることが重要というわけです。
最後に運動です。運動をすると汗をかきますよね。その汗が美肌菌の栄養源になるのです。美肌菌はお肌の余計な皮脂や汗を栄養としています。なので、これらを積極的に排出する運動を行うことで、美肌菌に栄養が与えられ、動きが活発になるというわけです。

まとめ

美肌菌とはそもそもどんな働きをするのか、そして、その働きはお肌にどういいのかというところから、美肌菌を減らさない習慣、増やすための習慣を挙げました。
睡眠や運動は今すぐには難しいかもしれませんが、肌を丁寧に扱うという部分は今日からでもできますよね。少しずつでもいいので、肌にいい習慣を心がけ、今よりもいい美肌菌習慣を身につけましょう!

美肌菌リンク

pagetop