肌の老化を招く「糖化」とは?原因と対策を徹底解説!

column肌の老化を招く「糖化」とは?原因と対策を徹底解説!

くすみやシワが目立つようになる肌の老化。その要因の1つに肌の「糖化」があります。今回の記事では、そんな肌の糖化が起きる原因と対策についてご紹介していきます。年齢肌を解消していきたい、年齢肌になりたくないという方は、ぜひチェックしてください。

糖化すると肌はどんな状態になる?

まずは肌の糖化について簡単におさらいしておきましょう。肌の糖化とは、糖質とタンパク質がくっつくことで起こる現象のことを指します。よく「肌のコゲ」とも言われています。

糖質は人のカラダに欠かせない物質です。しかし、その摂取量が過剰であると「終末糖化産物(AGEs)」という老化物質に変化します。そして、この物質が肌の糖化を招く要因だと考えられています。

これらの現象は、肌の老化を招く要素になります。そのため、「糖化」は未然に防いでいくことが大切です。

では、糖化すると肌はどのような状態になるのか、以下の表を見てみてください。

くすみ 肌に透明感がなく、明るさやツヤがない状態
ハリの低下 肌に張りがなくなり、たるみが起きやすい状態
シミ 肌の所々に褐色が沈着している状態

・糖化(コゲ)が招く代表的な肌の不調

肌のなかのタンパク質と言えば、コラーゲンやエラスチンがありますね。肌の糖化が起こると、この2つのタンパク質が固くなってしまいます。すると、肌のハリが失われたり、弾力がなくなったりします。

また、肌の糖化によって、もともと透明色のコラーゲンは褐色に変化していき、これがくすみにつながります。さらに、糖化タンパク質は分解されにくい特徴があるため、たまっていくとターンオーバーが遅れメラニンが排出されにくくなり、シミができてしまうのです。

肌の糖化が起きる原因

肌が糖化していく主な原因は食事で摂取する「糖」にあります。つまり、日ごろ摂取している食べ物に含まれている糖が体内に蓄積されていくことで肌の糖化が起こるリスクが高くなります。ある意味、肌の糖化は誰もがなりうる現象なのです。

しかし、普段から糖が多い食生活を送っている人は、栄養バランスの取れた食生活を送っている人に比べて肌の糖化が起きる可能性が高くなります。いつもスイーツなど甘いものばかり食べていませんか?そのような食生活をしていると、あっという間に肌がコゲてしまいます。

肌の糖化を対策する方法

糖化は肌の不調を引き起こし、キレイな肌をくすみやシワが目立つ年齢肌に変えてしまいます。そんな肌の老いを防ぐためには、糖を過剰に摂取してしまう食生活を送らないことがポイントになりますが、他にも血糖値の上昇を防ぐことで糖化が起きるリスクを抑えられます。

そのため、糖を過剰摂取しないことと合わせて以下の方法を実践してみてください。

1.GI値※1の低い食品を摂取する

食品の中には、食後に血糖値が急激に上昇するものがあります。食事のときは、そうした食品ではなく、血糖値がゆるやかに上がっていく食品を摂取するようにしましょう。炭水化物の中では「そば」がもっとも血糖値が上昇しにくい食品です。それに次ぐのが「うどん」。白飯は急激に血糖値が上がりやすいので摂取する量を考えましょう。

ただ、朝・昼・晩と毎回これを意識する必要はありません。たとえば、朝と昼に白飯を食べたのなら夜はそばを食べる、というように3回に1回だけGI値を意識した食事を行なう程度でかまいません。ポイントは長く続けることです。

※1:食後に血糖値が上昇する度合いを計測した指標のこと

2.食後に軽い運動をする

GI値を意識した食事に加え、食後に軽い運動を取り入れることも血糖値の上昇を抑えられることにつながります。血糖値のピークは食後1時間。ポイントはこのタイミングで運動を行なうことです。そうすることで血糖値を下げる効果が見込めます。

理想は20分程度のウォーキングですが、難しい場合は掃除や食器洗いでも大丈夫です。また、外食したときは移動手段をエレベーターではなく階段にすることで、軽く運動したことになります。

食生活と同様、食後の軽い運動も続けることが大切です。無理にカラダを動かし続けてぱったりと止めてしまうということがないようにしましょう。

まとめ

肌の糖化は誰もが起こりうる現象です。肌の老化を防いでいきたい方は、日ごろの生活習慣から対策を進めることをオススメします。肌の老いを予防し、若い肌年齢を維持し続けるようにしましょう。

美肌菌リンク

pagetop