ニキビ肌が改善?!美肌菌がニキビに効果を期待できる理由

columnニキビ肌が改善?!美肌菌がニキビに効果を期待できる理由

肌トラブルの代表格と言えば「ニキビ」ですよね。一度発症すると治りにくい肌トラブルでもありますので、なかなか改善できずにお困りの方も多いのではないでしょうか。「もう治らないのかも……」「ニキビ跡が残ってしまった…」と、不安の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近では、そんな厄介なニキビ肌の改善に期待できる方法が評判となっています。それが「美肌菌を活用すること」です。今回は、美肌菌がニキビ肌の改善に期待できる理由について、ニキビができる原因とともに解説していきたいと思います。

肌にいる菌のしわざ!?ニキビができる原因とは

最近では、肌の菌がニキビを引き起こすと耳にすることが多くなっています。その代表的な菌が「アクネ菌」です。でも、どうしてアクネ菌がニキビの原因とされているのでしょうか。その理由は、アクネ菌の性質に関係しています。

アクネ菌は、肌に元々いる皮膚常在菌の1つで、空気がないところを好む性質から、主に毛穴に多く生息しています。そこで皮脂を栄養源に数を増殖させるのですが、実はアクネ菌には皮脂を吸収する際に肌にダメージを与える「過酸化脂質」を排出するという特徴があります。

そして、この過酸化脂質が増えすぎると、毛穴が詰まってしまい、さらなるアクネ菌の増殖を促進させてしまうのです。その結果、皮脂腺が炎症を起こし、ニキビの発症につながります。アクネ菌はこのような性質から、ニキビの原因菌と言われています。

ちなみに、アクネ菌には悪玉菌の他に、善玉菌として肌に良い物質を生成する種類もあります。アクネ菌=悪い菌とは言い切れませんので、この点もしっかり認識しておくようにしましょう。

美肌菌がニキビの改善に効果を期待できる理由とは?

では、どうして美肌菌にはニキビの改善効果を期待することができるのでしょうか。その理由は、肌のメカニズムと美肌菌の特徴から知ることができます。

実は人の肌は、水分が少なくなると油分で補おうとする働きがあります。そのため、肌の保湿機能が低下し、水分が蒸発していくと、人の肌は「脂性肌」に変化する傾向にあります。脂性肌は、一般的に肌の油分が多い状態を指しますので、アクネ菌が好む皮脂が多く分泌されている状態であるとも言えます。そうすると、アクネ菌の増殖を促進することになります。

ここで、美肌菌の特徴を見てみましょう。美肌菌には、汗や皮脂を栄養源にして「グリセリン」や「脂肪酸」を生成する特徴があります。特にグリセリンは、肌に保湿力を与える物質として知られています。保湿力が高まるということは、肌の水分量が維持され、油分の過剰な分泌を抑えることにつながります。つまり、美肌菌を活用することで、アクネ菌が増殖する原因を防ぐことができるのです。

このような特徴から、美肌菌はニキビ肌に効果的であると言われています。

美肌を実現するためには細菌のバランスが大切!

ここまで記事をご覧になられた方の中には、「どんどん美肌菌を増やしてニキビを改善したい!」という思いをお持ちになった方もいることでしょう。しかし、実は単純に美肌菌を増殖させることが美肌につながるわけではありません。

美肌を目指す上で何よりも大切になるのは、皮膚常在菌のバランスがしっかり取れていることです。肌はさまざまなトラブルに晒されますが、それは基本的に細菌のバランスが崩れることによって起こるとされています。そのため、健康的でキレイな肌を目指したい方は、まずは自分の肌にいる細菌バランスをしっかり認識することが大切です。

なお、肌の細菌バランスは「美肌菌ドック」と呼ばれる検査によって知ることができます。この機会に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、ニキビができる原因と、美肌菌がニキビ改善に効果を期待できる理由についてご紹介してきました。長引くニキビの改善は、即時に改善を目指せるものではありませんが、最近では美肌菌を活用することで、効率よくニキビ対策に取り組めるようになってきていると言われています。「ニキビを何とかしたい……」「ニキビ予防をしておきたい……」という方は、ぜひこの機会に美肌菌を活用してみてくださいね。

美肌菌リンク

pagetop