皮膚常在菌の1つ「アクネ菌」とは一体どんな細菌なの?

column皮膚常在菌の1つ「アクネ菌」とは一体どんな細菌なの?

皮膚常在菌の中に「アクネ菌」という菌があります。「アクネ菌って名前は聞いたことはあるけど、どんな菌なのかよくわからない…」という方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、アクネ菌とはどんな細菌なのかについてご紹介していきます。

アクネ菌はニキビの原因菌!

アクネ菌の特徴として、もっとも知られているのが「ニキビの原因菌」であるということです。でも、どうしてアクネ菌はニキビの原因菌とされているのでしょうか。その理由は、アクネ菌の性質から見ることができます。

アクネ菌は、嫌気性細菌に分類される菌で、普段は空気が入りづらい毛穴の中に多く生息しています。そこで皮脂を吸収して数を増殖させるのですが、実はこの時、肌にダメージを与える「過酸化脂質」も分泌します。

過酸化脂質は、増えすぎることによって、毛穴を詰まらせる原因になります。すると、空気がないところを好むアクネ菌は、その数をさらに増殖させ、毛穴の中で炎症を引き起こします。この炎症の影響で、肌に異常が起きた時にできるのがニキビです。

他にもニキビができるまでの過程については説があります。しかし、アクネ菌がニキビの原因菌であるという研究報告が多く出されているため、ニキビの原因がアクネ菌であるという情報が多く出回っていると考えることができます。

アクネ菌には善玉菌・悪玉菌の両方が存在する!

上述の通り、ニキビの原因菌として知られているアクネ菌ですが、実はアクネ菌の中には肌に良い影響を与える善玉菌の役割を持つ種類も存在します。

そもそもアクネ菌は、現在では細かく分類すると66種類、おおまかに分類すると3種類に分けられます。そして、この3種類のうち、肌に良い影響を与えるアクネ菌は2種類、ニキビの原因菌のような肌に悪い影響を与えるアクネ菌は1種類とされています。

善玉のアクネ菌の効果として挙げられるのは、肌の状態を「弱酸性」に維持し、肌トラブルが起きにくい環境を構築してくれるところです。一般的に、弱酸性の肌には、病原菌など“肌に悪影響を及ぼす細菌”の繁殖を抑える効果があるとされています。つまり、善玉のアクネ菌を増やせば増やすほど、キレイな肌環境を整えることができるのです。

アクネ菌の中には、このように善玉菌としての働きを持つ種類もいます。決してアクネ菌=悪い菌ではありませんので、認識しておくようにしましょう。

善玉アクネ菌を増やし、悪玉アクネ菌の増殖を抑える方法はある?

アクネ菌には、善玉菌と悪玉菌の2種類があるとわかったところで、実際に善玉アクネ菌を増やし、悪玉アクネ菌を減らす方法はあるのか見ていきましょう。

結論からお話しすると、現段階では善玉のアクネ菌を増やす方法は明確にわかっていません。ただ、悪玉のアクネ菌の増殖を抑える方法で有力な方法はあります。それが「肌表面の水分と油分のバランスを保つこと」です。

実は肌には、水分が減ると油分で補おうとする働きがあります。そのため、保湿機能が低下し、肌の水分が蒸発していくと、油分の多い「脂性肌」をつくり出すことにつながるのです。脂性肌は皮脂が必要以上に多く分泌されている状態であり、ニキビの原因菌である悪玉アクネ菌が増殖するきっかけとなります。

よって、悪玉アクネ菌を抑えるためには、肌のバリア機能を強化し、しっかり保湿されている肌状態をつくり出すことが大切となります。

まとめ

今回は、皮膚常在菌の1つであるアクネ菌が、どんな細菌なのかについてご紹介してきました。アクネ菌には、さまざまな種類がありますが、特に覚えておいて欲しいことは、「アクネ菌には“善玉菌”と“悪玉菌”の2つがある」ということです。

今はまだ、善玉アクネ菌を増やすための確実な方法はわかっていませんが、今後、その方法が解明される時が来るかもしれませんので、ぜひ、ここでアクネ菌のことをしっかり理解しておき、悪玉アクネ菌の繁殖しづらい肌、バランスのとれた状態の肌を維持できるように、規則正しい生活や健康な食習慣を身に着けておきましょう。

美肌菌リンク

pagetop